男性

セキュリティ強化で安全に処分【機密書類やデータの扱いにご用心】

世界標準の規格

サラリーマン

環境問題に取り組むあかし

ISO(国際標準化機構)が1996年に制定した、環境問題に関する規格をISO14001といいます。ISO14001は会社や自治体に対し、環境へ配慮した事業の実施を求める規格です。経済活動をする上で生まれる、大気汚染や地球温暖化の問題は、無視のできないものとなりました。社会的な環境問題の意識の高まりにより、自然や地球に負担をかけない活動が注目されています。環境に対して負担をかける会社は、取引相手や消費者に、これからさらに厳しい目が向けられるでしょう。しかし、なんとなく環境問題を気にかけているだけでは、あまり効果も意味もありません。環境問題に取り組んでいることを客観的に示すには、国際標準の規格であるISO14001が必要となるのです。

取得するメリットとは

ISO14001を取得すると、さまざまなメリットがあります。まず挙げられるのは、社会的な信用を得られる点です。環境問題を真剣に取り組んでいることの証明になり、ISO14001を取得していない会社と比較された場合、信頼性の高さは歴然としたものになります。信頼性が高まることで、取引相手との関係も良好に保たれ、営業や入札でも有利になるのです。また、ISO14001を基準にしたマニュアルを作成すると、エネルギー・廃棄物の低減が可能となり、生産コストの削減が実現できるでしょう。環境問題に関する意識を高めることは、社内においても良い効果が生まれます。意識の変化によって社員は問題解決に対して積極的になり、協調性もアップし、生産性はより高いものとなるのです。