婦人

セキュリティ強化で安全に処分【機密書類やデータの扱いにご用心】

環境マネジメントの必要性

レディー

ISO14001は、企業の環境への取り組みを意味しています。この国際規格は1996年に策定され、今ではほとんどの企業が導入しています。これに直接売上をアップさせる効果はありませんが、企業のイメージアップにつながるばかりかコスト削減に役立ったりするので、結果的には企業の売上アップにつながります。

Read More..

認証取得がゴールではない

オフィス

絶対ということはない

ISO14001規格に基づいて環境マネジメントシステムを構築して運用するときに準拠しなければならないことは、仕様あるいはスペックと呼ばれている要求事項です。この要求事項をよく理解して具体化していくうえで、規格の基本的な考え方を理解することが重要になってきます。序文を含んだISO14001規格の全体にはいろいろなことが書かれています。全体を貫いている考え方は任意の参加、リスクマネジメント、公平性と透明性という三つに集約ができます。この基本的な考え方をはじめによく理解しておけば、ISO14001を正しく理解ができるようになります。認証取得が目的ではなく、あくまでこれを守っていくために必要なことを規格化するものですから、これが絶対ということはありません。それから、機密書類の処分などについても配慮が必要となります。ISO14001規格に基づけば、機密書類だけでなく様々な書類やデータを安全に処分する事が出来るでしょう。

規制の緩和と透明性

ISO14001の環境マネジメントシステムの規格は法律ではありません。自分の組織の中にこのマネジメントシステムを構築するかどうかは強要されるものではありません。自らの意志で参加することを決めたのであれば、おそらく法を守るようにISO14001の要求事項を順守するであろうと期待されます。一つの組織が事業活動を行うと多かれ少なかれ環境に、影響を与えるということは疑う余地がありません。環境マネジメントシステムが持っているリスクマネジメントの性格を活用して的確に対応することが望まれます。自由競争を原則とする中で世界中が同一のルールのもとに、競争をすべきであるという考え方をISO14001は持っています。公平性を確実なものにするためには、規制の緩和と透明性が大切になってきます。

環境先進企業

スーツ

ISO14001の取得は環境改善を行っている企業という位置づけだけでなく副次的効果で電気料金や紙の節約などコスト面で効果を出すことができるため人気があります。業務プロセスやシステムの妥当性など総合的に審査が行われることも特徴です。

Read More..

世界標準の規格

サラリーマン

ISO14001とは、環境問題に関する世界標準の規格です。会社が、環境問題に取り組んでいることを証明するには、ISO14001が必要となります。取得をすると、社会的な信用度が高くなり、交渉が有利になるメリットがあります。ほかにも生産コスト削減、社員の意識改革など、社内外で良い効果が生まれるでしょう。

Read More..